タネログ
月刊HiViのchivi倶楽部でおなじみ、タネヤマのブログです。読者のみなさん、「こみゅにけいしょん」しましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
人間、順応するものです
原稿と格闘中のある早朝、愛機ヴィンテージMacがクラッシュ。
急遽、買い換えるハメになりました。

パソコン貯金を始めたばかりのタネヤマ、お金なんかじぇんじぇんありません。通帳とにらめっこした結果、欲しかったPCと違うブツを購入することに。
まあ、いわゆる窓ちゃんなのですが、りんごちゃんと付き合いが長かったタネヤマとしては、操作におろおろするばかり。マウスはうまく動かせないわ、ウィンドウを閉じるときにクセで左に行ってしまうわで、そのたびに「しくしく、りんごちゃんが恋しいよお」と嘆いていました。

あれからそろそろ1カ月が経ちます。
最初はどうなるかと案じられたタネヤマと窓ちゃんの関係は超良好。窓ちゃんはとても賢く、りんごちゃんとはまた違った魅力があります。そんな窓ちゃんとのシアワセな生活の中で、ふと思い出すのがりんごちゃんのこと。タネヤマが初めて入手したパソコンだったのですから、思い入れもひとしおなのでしょう。

ああ、りんごちゃん。やっぱりキミを忘れられないよ。でも窓ちゃんとも離れられない。
りんごちゃん、窓ちゃん、そしてタネヤマで楽しく暮らせたらどんなにいいか。
一生懸命働いて、りんごちゃんを我が家に迎えられるように頑張るよ。
だからそれまで待っててね……! ←アホや、こいつ

そして昨日、編集部でMacを操作したら、マウスのさわり心地に違和感。
あれえ、こないだまでこの感触がしっくり来てたのに。

自分の順応力(つーか、変わり身の早さ?)に呆れつつも笑いました。
スポンサーサイト
【2008/09/30 22:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
血は争えない……のか?
8月のある日、愛する甥っ子タカヒロに聞かれました。
夏休みの宿題に読書感想文を書かねばならないので、何かオススメの本を教えてほしい。推薦図書は食指が動かないし、書店に行っても今イチなのでアドバイスを絶賛募集中とのこと。

そんなこと急に言われても、おばちゃんのタネヤマにイマドキの13歳男子が興味をもつ本なんて見当がつきません。自分が13~14歳の頃はミステリーとSFばっかし読んでいた気がしますが(今もだよ)、キョーミがなければ読みにくいし、だいたい読書感想文向きじゃないよな。それにタカヒロは「パイレーツ・オブ・カリビアン」のようなワクワク冒険モノがいいと言うし……。

で、ここで思い出した。タネヤマ超お気に入りの『モンテ・クリスト伯』があるぢゃないか~~♪♪

ところがこの意見も「長過ぎるよ。もっと短編で」の一言であえなく却下(くすん)。
しかし、冒険もので短編といわれても、なかなか思い付かないものです。結果、タネヤマが推したのがハインライン『夏への扉』とブラウン『火星人ゴーホーム』。……って、どっちもSFやんけ。教師ウケ悪そ~~。

とりあえずタイトルと作者と簡単な内容だけ伝え、そういやタカヒロの感想文、どーなったんだろ? などと思い出していたある日にメールが来ました。
「江戸川乱歩傑作選を買ったよ」

乱歩と言えば、タネヤマが中学時代に読みあさった幻想文学界の巨匠です。そりゃー明智小五郎が有名だけど、ぼっ、ぼっ、ぼっくらは少年探偵団♪ もあるけど、乱歩せんせーの本領が発揮されるのは『屋根裏の散歩者』とか、『押絵と旅する男』とか、『芋虫』あたりのちょいヤバ世界とタネヤマは信じている。だから薦めなかったのに、自ら手に取るとはさすが我が甥っ子。血は争えないなあ。でも乱歩で感想文書けるか?

それから数日後、再びケータイメールが来ました。
結局『僕らの七日間戦争』で提出したそうです。やっぱり収まるところに収まるもんですね。



【2008/09/20 17:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
プロフィール

タネヤマです!

Author:タネヤマです!
ようこそ!
デジタネ板ブログ風へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。